『婚活パーティーにおいてやってはいけない話し方』

『婚活パーティーにおいてやってはいけない話し方』

婚活パーティーでは初対面の男性と会話をするわけですが、毎回あまり良い結果を出せないという女性は、ひょっとすると話し方に問題があるのかもしれません。
決められた時間の中で男性と会話をして、「この子ともう一回話したいな」と思ってもらえれば、フリータイムの時に再度話しかけてくれるのですが、「この子はもう無いな」と思われてしまえば当然チャンスは巡ってこないですよね。
婚活パーティーなどの出会いの場において結果を出せている女性は、男性に対してNGな会話というのをしていないため、お互いに充実した時間を過ごす事ができ、男性から「もう一度話したい」と思ってもらえるんです。
ではいったい、NGな会話というのはどういったものなのでしょうか。
そこで今回は、婚活パーティーにおいてやってはいけない話し方をご紹介したいと思います。
初めて参加するという方や今までなかなか良い結果を出す事が出来なかったという方は、意識するだけで相手への印象もかなり変わってくると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■どんな会話もすべて自分の話につなげる

相手が話したことに対して、何でも「私もね・・・」などと自分の話につなげようとする人がいますが、そのような女性は男性から「自己中心的だな」とか「自分の事が大好きなんだ」などと思われてしまう可能性があります。
人間というのは誰しも自分の話を聞いてもらいたいという欲求を持っているため、会話が自分中心になってしまいがちなのは分かりますが、初対面の男性に対してそれをやってしまうと、マイナスな印象しか与える事が出来なくなってしまいます。
相手のことをもっと知りたいという態度で接する事が出来なければ、相手も「自分の事ばかりで俺には興味がないんだな」と感じてしまうのではないでしょうか。
自分の話をしたいという気持ちはぐっとこらえて、相手の話を聞くことに専念した方が印象はだいぶ良くなるでしょう。

■相手の話に興味が無い

初対面の異性同士なわけですから、当然共通の話題もありませんよね。
ですので相手も探り探りで会話をしようと必死になっている可能性があります。
そんな中で興味の無い態度を取ってしまえば、相手からは「俺の話に興味が無いんだな」とすぐに感づいてしまい、それ以降発展する事は無くなってしまうのではないでしょうか。
よく「会話上手は聞き上手」などと言われているように、話を盛り上げるのが上手い人というのは、たとえ自分が興味の無い話であっても、しっかりと相手の話に耳を傾けて興味を持つようにします。
そして興味を持ったところで相手に対して質問をぶつけてあげるんですね。
相手からすると質問をされるという事は「もっと聞きたいんだ」と思えますので、うれしくなり更にしゃべってくれるようになるんです。
今まで育ってきた環境も違う男女なので、趣味嗜好が違うのは当然です。
そこで相手の話に興味を持って話を聞くことが出来るかどうかで、良い結果を出せるかどうかが違ってくると言っても過言ではないのではないでしょうか。

■まとめ

婚活パーティーに参加した事が無いという方は、そのような場面で初対面の男性と話すのって緊張してしまいますよね。
緊張のあまりつい相手に対して不快な思いをさせる話し方をしてしまうのではないかと不安に感じている方も多いと思いますが、上記の事を意識しておけば失敗する事は無いと言えるでしょう。
また今まで何度も参加してきているけれど、連戦連敗中という方はひょっとすると無意識のうちに、上記に当てはまる事を会話の最中にしてしまっていたのかもしれません。
一度客観的に自分の態度を見つめなおしてみて、もしもやってしまっていたのであれば改めるように気を付けましょう。