『男性から脈ナシだなと諦められてしまう女性の言動とは?』

『男性から脈ナシだなと諦められてしまう女性の言動とは?』

男性はプライドが高い人が多く、好きな女性がいたとしても「脈ナシだな」と感じてしまうと、振られて自分が傷つく事を恐れて、あっさりと諦めてしまうという人が意外と多いんですよね。
特に最近ではメンタルが弱かったり恋愛に対して積極的になれないような男性が増えているため、振られても諦めずに何度でも立ち上がってアタックしてくるという人はなかなかいないのではないでしょうか。
もしも好きな男性がいて向こうも自分の事が好きだったとしても、こちらのちょっとした言動によって「脈ナシだな」と勘違いされ諦められてしまうのって本当にもったいないですよね。
そうなってしまう事を防ぐためにも、相手が自分の事を好きかもと思ったら、下手に駆け引きなどは一切せずにこちらの好意をアピールする事が必要です。
そうすることによって、相手も安心してこちらに対して恋愛モードで接してくれるようになります。
ですが注意しなければならないのが、こちらはそんなつもりが無くても無意識のうちに相手に対して「脈ナシかも」と思わせてしまうような言動を行っている可能性があるという事です。
そんな事をしてしまうと、せっかくのチャンスをみすみす逃してしまう事になりますので、絶対に避けなければなりません。
ではいったい、どのような言動が男性に対して「この子は脈ナシかも」と思わせてしまうのでしょうか。
そこで今回は、男性から脈ナシだなと諦められてしまう女性の言動をご紹介したいと思います。
ひょっとしたらあなたも無意識のうちにやってしまっているかもしれませんので、ぜひ一度自分自身の言動を見つめなおすようにしてみましょう。

<男性から脈ナシだなと諦められてしまう女性の言動その1.いつまで経っても敬語>

男性が意外と気にしてしまうのが、女性の敬語なんですね。
敬語を使う関係性はやはりどことなく壁を感じてしまいますので、男性の本音を言えば好きな女性からはタメ口でしゃべって欲しいと思っているんです。
もっと仲良くなりたいと思うのであれば、たとえ相手が年上だったとしても敬語は止めてタメ口でしゃべった方が良いでしょう。
好きな男性の前だと緊張してしまったり、「失礼かな」などと感じてしまいなかなかタメ口でしゃべるタイミングを逃してしまいがちなのですが、二人の関係性を今よりも一歩前進させるためには必ず必要なことですので、勇気を出してタメ口でしゃべれるように頑張ってくださいね。
もしもいきなりタメ口は使えないと言うのであれば、会話の所々で少しずつ挟んでいく事で、自然と敬語を無くしていけるのではないでしょうか。
もしくは「タメ口でしゃべって良い?」と聞けば、それ以降はなんのためらいも無くしゃべれるようになりますよね。

<男性から脈ナシだと諦められてしまう女性の言動その2.なかなか会えない>

LINEは良くするんだけど直接会おうとすると「その日は都合が悪くて」などと言って断られてしまうと、男性は「俺と会いたいとは思わないんだな」と思い、一気に冷めてしまいます。
確かにそれぞれ都合があり、提案された日時がたまたま都合が悪かったとしても、何とか都合を付けようとすれば、相手にもその誠意は伝わります。
断るための口実なのか、あるいは本当に予定が入っているのかというのが分かるだけで、次回以降の対応も違ってきますよね。
もしも本当に都合が悪かったとしても、「行きたかった。また絶対に誘ってね。」と付け加えるだけで、印象もだいぶ変わってくるのではないでしょうか。
あるいは、「その日は予定が入っちゃってるから無理だけど、○日だったら大丈夫だよ。」と別の日をこちらから提案すれば、相手も誘いやすくなるでしょう。

<男性から脈ナシだと諦められてしまう女性の言動その3.会話の内容を覚えていない>

好きな人との会話は、一字一句覚えているという人も多いのではないでしょうか。
会話の内容を覚えているという事はそれだけ相手に対して興味があるという事ですが、「こないだの話だけど」と言われて「そんな話したっけ?」などと答えてしまうと、「俺に興味が無いんだな」と思われてしまう可能性があります。
以前に話した会話の内容は、いつ振られても良いように必ず覚えておく事にしましょう。

以上、男性から脈ナシだと諦められてしまう女性の言動を3つご紹介いたしました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。