『片想いの彼と会話を続ける方法』

片想いの相手と話す機会があると、うれしいという気持ちの反面緊張しちゃって上手くしゃべれずに落ち込

んでしまうこともありますよね。

相手の事を好きな気持ちが大きければ大きいほど、余計に緊張してしまい頭の中が真っ白になってしまうも

のです。

ですが、もしも本当に彼の事が好きなのであれば、会話が続かないと距離を縮めて仲良くなることが出来ま

せん。

いったいどうしたら上手に彼としゃべる事が出来るのでしょうか。

そこで今回は、緊張を乗り越えて片想いの彼と会話を続ける方法をご紹介したいと思います。

会話って一旦途切れてしまうと、何をしゃべったら 良いかが分からなくなり、ドンドンと気まずくなってし

まいますよね。

好きな相手と会話をするのが苦手という方は、そんな状況を乗り切れるように、ぜひ参考にしてみてくださ

いね。

<片想いの彼と会話を続ける方法その1.気を使いすぎない>

好きな相手との会話って、つい余計に気を使いすぎてしまい、聞きたいことが聞けなかったり、言いたいこ

とが言えなかったりするんですよね。

その気の使いすぎが、彼との距離を広げてしまっている可能性があります。

「こんなこと言ったら失礼かな」とか「彼にはこんなこと聞けないな」などと言って、会話を諦めてしまう

と、どんどんと話題が無くなっていき、最終的に気まずい沈黙とな ってしまうんです。

好きな相手だからこそ、ズバッと言いたいことを言ってみましょう。

例えば「彼女いるの?」などという質問は、片想いの相手にはとても聞きづらいですよね。

ですがそこから発展して恋愛の話に繋がれば、彼の恋愛観を聞く事が出来ますし、距離もグッと縮まるので

はないでしょうか。

もしもストレートに聞きづらい場合には、回り道をしながらでも構いません。

それに関連するような話題から、徐々に本当に聞きたいこと・言いたいことに繋げていくのも良いでしょう。

<片想いの彼と会話を続ける方法その2.学生時代・子ども時代の話>

もしも会話に困ったら、学生時代や子どもの頃の話を振ってみてはいかがでしょう か。

「○○君って学生時代どんな人だったの?」と聞いてみれば、案外面白エピソードなどがあるかもしれませ

んよね。

それに、今の彼とは違った一面も見えてくるかもしれませんので、会話を盛り上げるための鉄板と言えるの

ではないでしょうか。

逆に、自分の学生時代・子ども時代の面白エピソードも用意しておけば、更に会話が盛り上がり「一緒に話

していて楽しい」と思ってもらえるかもしれません。

また学生時代の話って、各学校ごとに変わった独自のルールなどがあって予想以上に面白かったりするので

、会話が続かないと思ったときには彼に振ってみるのも良いでしょう。

<片想いの彼と会話を続ける方法その3.食べ物の話 >

人間は基本的に食べ物に関する話題には興味を持っています。

生きていくうえで食事というのは必ず必要な事なので、本能的に食べ物の話というのは惹かれるのかもしれ

ませんね。

何を話して良いか分からなくなったときには、「好きな食べ物は?」と聞いてみましょう。

食事に関する話題は男女問わず好きなので、きっと喜んで答えてくれると思います。

またそこから派生して、「近所に○○が美味しいレストランがあるよ」などという話題になれば、「今度一

緒に行ってみよう」という展開になるかもしれませんよね。

食べ物の話題は万人共通なので、ぜひ彼に振ってみてくださいね。

以上、片想いの彼と会話を続ける方法を3つご紹 介いたしました。

好きだからこそ会話に困ってしまうという気持ちは十分分かりますが、それだといつまで経っても距離は縮

まりません。

彼との恋を実らせるためにも、ぜひ頑張って会話を続けられるようになってくださいね。