『好みのタイプではない男性からのLINEに対する反応』

友達や恋人と気軽にコミュニケーションを取ることが出来るLINE。

チャット感覚でサクサクと送受信できるため、とても便利なコミュニケーションツールであることは言うまでもありません。

ですが、その便利さゆえにデメリットも存在するんですね。

それは、あまり好みではない男性ともつながってしまうという事です。

プライベートではあまり関わりたくないけれど、仕事上どうしても連絡先を交換しなければならず、電話番号を教えたらLINEまで登録されてしまったという方も多いのではないでしょうか。

仕事だけのやり取りだけで済めば良いのですが、その話の延長でデートに誘わ れたという話も良く耳にします。

そういう時って、ハッキリと断れればいいのですが、今後の付き合いもあるため冷たくあしらう事も出来ませんよね。

ではいったいどうしたら上手くかわすことが出来るのでしょうか。

そこで今回は、好みのタイプではない男性からのLINEに対する反応をご紹介したいと思います。

デートに誘われたけれど、どう断っていいか分からずに困っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

<好みのタイプではない男性からのLINEに対する反応その1.とにかく忙しいで乗り切る>

断る口実として一番使いやすいのが、仕事ですよね。

「〇日空いてる?」と聞かれても、「その日は仕事です」と返せばとてもナチュラルに 断ることが出来ます。

それでもしつこく別日程で提案してくる人もいますが、とにかく仕事が忙しくて会えないというスタンスを突き通しましょう。

あまりにも激務すぎて休みが取れないという事を相手に伝えれば、大抵の場合は諦めてくれるのではないでしょうか。

少しでも隙を見せれば、そこを狙われてしまいます。

多少オーバー気味でも構いませんので、プライベートの時間は全く取れないくらい忙しい人を演じきりましょう。

<好みのタイプではない男性からのLINEに対する反応その2.スタンプの多用>

相手からのLINEに対して丁寧に返していると、相手を勘違いさせてしまう可能性があります。

中には「自分のLINEに対してこんなにちゃんと返事 をしてくれるのは好きだからだ」などと、自分の都合の良いように解釈してしまう人もいるんですね。

そう思われてしまうと、こちらの言動すべてを都合の良いように捉えられてしまい、最終的にはストーカーになってしまう可能性もあります。

その芽を早い段階で摘むためには、まじめに返事をするのではなく、スタンプだけで済ませてしまうというのが有効的なんです。

スタンプの中には、セリフの入ったイラストもありますよね。

相手からのLINEに対してスタンプばかり送っていれば、そのうち相手も馬鹿馬鹿しくなって送ってこなくなるかもしれません。

<好みのタイプではない男性からのLINEに対する反応その3.返信の間隔>

好きな人からLINEが来たら、 忙しくてもすぐに返信したくなってしまいますよね。

逆に相手からも返信が早かったりすると、つい嬉しくなってしまうのではないでしょうか。

ですので、好きではない相手からのLINEに対してはすぐに返事をするのではなく、なるべく間隔を空けてから送り、相手を勘違いさせないようにしてください。

極端に言えば、丸一日経ってから送っても良いのではないでしょうか。

そうすることで、「俺とはあまりLINEをしたくないんだな」と諦めてくれるかもしれませんよね。

それでもしつこいようなら、既読スルーするのも一つの手ですよ。

以上、好みのタイプではない男性からのLINEに対する反応を3つご紹介いたしました。

好きでも無い男性からしつこくさ れて困っているという方は、ぜひ一度試してみてくださいね。