『男性が運命を感じるシチュエーション』

突然ですがあなたは運命を信じますか?

恋愛を語る上で必ずと言っていいほど出てくるのが「運命」というワードです。

運命の赤い糸で結ばれていて、出会うべくして出会った二人であれば、たとえ何が起きても離れることはないでしょう。

そんな運命の赤い糸ですが、目に見えれば簡単に見つけることが出来ますが、実際にはそう簡単にはいきませんよね。

誰が運命の相手なのかなんて、最終的に結ばれるまでは分かりません。

まさに「神のみぞ知る」といったところですが、もしも好きな男性に「この人ひょっとして運命の相手なのかも?」と思わせることが出来たらどうでしょうか。

恋愛関係に発展するのも時間の問題ですよね。

ではいったい、どうしたら好きな男性にそう思わせることが出来るのでしょうか。

そこで今回は、男性が運命を感じるシチュエーションをご紹介したいと思います。ご紹介したいと思います。

好きな相手に振り向いてもらいたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

<男性が運命を感じるシチュエーションその1.趣味が同じ>

人間は誰しも、自分と同じ趣味を持っている相手に対しては親近感がわくんですね。

それがメジャーなものではなく、マイナーであればあるほど余計に嬉しくなって、相手ともっと近づきたくなるんです。

たとえば、映画でも世間的に見てメジャーなものを好きという人は いっぱいいますが、あまり知られていないようなマイナーな映画を好きという人は少ないですよね。

その趣味が合うと、「今まで誰からも理解されなかったけどやっと分かり合える人と出会えた」という特別感を感じます。

事前に彼の趣味や好きな物をリサーチしておき、それについて彼と語り合えるように勉強しましょう。

<男性が運命を感じるシチュエーションその2.偶然の再会>

もう会えないと思っていたのに、たまたま偶然の再開を果たした相手とは運命を感じずにはいられません。

もしも偶然再会できた場合には、彼の熱が冷めぬうちに必ず次につながるよう、次回の約束をこぎつけたいところですよね。

彼が行きそうなところが分かれば、バッタリ 出会えるのを期待してその周辺を出歩いてみるのも良いですし、どうしても彼と会いたい場合には、彼の友達に協力してもらって偶然の再開を装うように作戦を立てるのも良いでしょう。

<男性が運命を感じるシチュエーションその3.話がよく合う>

話がよく合う相手は、一緒にいても楽しいですし運命を感じやすいんですね。

特に女性とあまり話すのが得意でない男性の場合は、「なぜかこの子とは話しやすいな」と思ってもらうことが大事です。

話しやすいという印象を与えることが出来れば、次第に距離も近づいていきますよね。

基本的に彼の話はすべて肯定するようにして、「それすごく分かる」と嬉しそうに返してあげれば、彼も嬉しくなってドンドンと話し てくれるようになります。

そして気づけば彼の中で「この子とは話がよく合うな」という気持ちが芽生え、運命を感じるようになるでしょう。

以上、男性が運命を感じるシチュエーションを3つご紹介いたしました。

男性から1度でも「この人は運命の相手かも」と思ってもらえれば、あとはどんな些細な事でも運命に結びつけて、プラスの方向に運んでもらえるでしょう。

ぜひ彼を振り向かせられるように頑張ってくださいね。