『デートの際に必ず相手に伝えるべき言葉』

気になる彼とのデート。

嬉しくってドキドキしてしまうのではないでしょうか。

自分自身が楽しむことも大事ですが、相手に「今日はこの子とデートが出来てよかったな」と思ってもらえないと、次にはなかなかつながりませんよね。

そう思ってもらうためには、「あなたに会えてうれしい」という気持ちを相手に伝えることが大切なんです。

ただ、ストレートに伝えるのは少し恥ずかしいので、様々な言い方で想いを伝えられるのが良いのですが、果たしてどういう風に言えばいいのでしょうか。

そこで今回は、「今日はあなたに会えてうれしい」という気持ちを伝えるために、デートの際に必 ず相手に伝えるべき言葉をご紹介したいと思います。

デートをしてもなかなか次につながらないという方は、ぜひ試してみてくださいね。

<デートの際に必ず相手に伝えるべき言葉その1.早く着きすぎちゃった>

デートの待ち合わせで、相手から「待った?」と聞かれた場合、大抵の人は「ううん、私も今来たところ」などと言ってしまっているのではないでしょうか。

これはたとえ結構待っていたとしても、相手に対して気を遣って出てしまう言葉なんですが、逆に「予定の時間よりも早く着きすぎちゃった」と言ってみるのはどうでしょうか。

つまり「あなたとのデートが楽しみで早く来ちゃった」と、暗に伝えているのですね。

長い間待っていたのは、あ くまでこちらの都合なわけですから、彼が約束の時間に相当遅れてこない限りは、たとえ長い間待っていたと思われても気を遣わせることはありませんので、安心して言ってみてください。

その際に、少しにこっと笑いながら言えば、さらに効果的ですよ。

<デートの際に必ず相手に伝えるべき言葉その2.時間が経つのが早い>

デートをしていて、時間を確認するときってありますよね。

そんな時に使える言葉が「時間が経つのが早いな・・・」です。

つまり「あなたといると楽しいから時間が経つのがあっという間に感じる」という意味ですね。

特に帰らなくてはいけない時間になった時に、少し寂し気に言えば効果的でしょう。

そう言われた相手は きっと「俺と一緒にいて楽しんでくれたんだ。また誘いたいな。」と思ってくれるに違いありません。

<デートの際に必ず相手に伝えるべき言葉その3.また会いたいな>

最後の別れ際にこんなこと言われたら、誘った方もきっとものすごくうれしく感じるのではないでしょうか。

女性から「また会いたい」と言われて、放っておける男性はまずいませんので、ぜひ伝えていただきたい言葉と言えるでしょう。

もしも直接伝えるのが恥ずかしい場合には、帰宅後にお礼も兼ねてLINEで伝えるのも良いですね。

少し勇気がいるかもしれませんが、次回また誘ってもらうためにも、必ず「また会いたい」という気持ちを伝えるようにしてくださいね。

以上、デートの 際に必ず相手に伝えるべき言葉を3つご紹介いたしました。

せっかくデートに誘ってもらえても、次になかなかつながらないという話を良く耳にします。

それってきっと、相手もこちらの気持ちが分からないから誘いづらいのかもしれませんよね。

「あなたに会えてうれしい」という気持ちが相手に伝われば、彼も次のデートに誘いやすくなりますので、必ず伝えるように頑張ってくださいね。