『婚活パーティーで知り合った男性に送ってはいけないLINEの内容』

『婚活パーティーで知り合った男性に送ってはいけないLINEの内容』

婚活パーティーに参加すると、たくさんの男性と知り合う事になりますよね。
その中にはカップリング成立して、お互いにLINEを交換する相手もいるかもしれません。
しかし勘違いしてはいけないのが、カップリング成立したからと言ってすぐにお付き合いが始まるという事ではないんですね。
あくまでもその場でお互いに惹かれあったというだけで、すぐに結婚を前提としたお付き合いをするわけではありません。
まずはLINEの交換から始まり、デートを何度か重ねてお互いの事を良く知ってから、交際を始めるというのが一般的な流れなのではないでしょうか。
ですので、カップリング成立に浮かれすぎてしまい相手とのその後のやり取りを失敗すれば、白紙状態に戻ってしまうなんていう可能性も十分考えられます。
特に気をつけなければならないのがLINEでのやり取り。
お互いに顔が見えない分、余計に相手に勘違いさせやすいんですね。
ではいったい、LINEでのやり取りにおいてどのような部分に気をつけなければいけないのでしょうか。
そこで今回は、婚活パーティーで知り合った男性に送ってはいけないLINEの内容をご紹介したいと思います。
せっかくのチャンスを逃してしまう可能性もありますので、ぜひ参考にして失敗しないように気をつけてくださいね。

■用件を言わない

よくやってしまいがちなのが、相手の予定を聞く際に用件を言わないという事です。
「○月○日空いてますか?」というような内容だと、相手の男性も「何で?」と思ってしまいますよね。
内容によっては断りたいというのがありますので、予定を聞くだけではただ相手を困らせてしまうだけです。
また相手から「空いてるよ」という返事をもらえたとしても、その後に用件を言う事になるため、2度手間になってしまいますよね。
そのような手間を省くためにも、相手へのお誘いLINEは予定を聞くだけではなくて、必ず「○月○日△△に行こうと思うんですが一緒に行きませんか?」といったように、用件も入れるようにしましょう。

■返事の催促

こちらからLINEを送ったにも関わらず、未読のままだったり既読が付いても返信がないと不安になってしまいますよね。
特にそれが好きな相手だったらなおさらなのではないでしょうか。
しかし相手にだって都合がありますので、仕事中だったり忙しいため返信できないのかもしれません。
そんな中、返信を催促するようなLINEを送ってしまうのは、ただ相手を困らせてしまうだけなので絶対にNGです。
不安な気持ちからつい催促したくなってしまう気持ちは分かりますが、それをする事によって相手にプレッシャーを与え続けてしまうことになり、どんどんと気持ちが離れていってしまうかもしれません。
恋愛は時には我慢も必要ですので、返事がなかなか来なかったとしても不安な気持ちはグッとこらえて待ちましょう。

■自分の行動をいちいち報告する

「○○に行ってきたよ」とか「△△を食べたよ」など、自分の行動をいちいちLINEで報告する女性がいますが、それは返信に困るだけなのでやめましょう。
特に男性は女性と違って、LINEで世間話などをするのが苦手という人が多いので、何て返事をして良いのかが分からなくなってしまうんですね。
インスタグラムやツイッターなどSNSを頻繁にやっている人は、同じような感覚でLINEを送ってしまうのかもしれませんが、SNSは特定の人に向けられたものではないので返信する必要がありません。
しかしLINEは特定の相手に送るわけですから、その内容に対してわざわざ返信する必要が生じてしまいます。
自分の行動をLINEで送るのはただの自己満足に過ぎませんので、SNSだけに留めておくようにしましょう。

■まとめ

婚活パーティーでカップリング成立できるのは、限られた人たちだけです。
低い確率でゲットできたせっかくのチャンスを、その後のLINEで潰してしまうのはもったいないですよね。
LINEで相手とやり取りをする際には、十分注意して相手を不快な思いにさせないように気をつけましょう。