『忙しい彼でも返信したくなるLINE術』

『忙しい彼でも返信したくなるLINE術』

仕事で忙しい彼氏へLINEを送っても、なかなか返事が来なくて寂しい思いをしているという女性って結構多いのではないでしょうか。
ただでさえ男性はLINE不精で、返信を面倒くさがる人が多いので、仕事で忙しければなおさら返事は期待できませんよね。
でも彼女からしたら、大好きな彼氏と連絡を取りたいと思うのは当たり前の感情です。
そこで今回は、仕事で忙しい彼からも返信したくなるようなLINEのテクニックをご紹介したいと思います。
今まで彼氏からあまりLINEの返事が来なくて寂しい思いをしていたという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

<忙しい彼でも返信したくなるLINE術その1 .1~2行の短い文章>

ついやってしまいがちなのが、長文のLINEを送ってしまうという事です。
彼に報告したいことがたくさんあるからといって、それをすべて文章にして送りつけてしまうと、読むのも疲れてしまいますし、それに対する返信に困ってしまいますよね。
ただでさえ忙しい仕事の合間にLINEを確認しているわけですから、長文に対する返信をする余裕がありません。
考えるのも面倒くさくなり、そのまま放置されてしまう可能性が非常に高いんですね。
もし彼からの返事を望んでいるのであれば、サクサク読めてパパッと返せる短文がおススメです。

<忙しい彼でも返信したくなるLINE術その2.気遣いを見せる内容>

彼氏の事を思いやるような内容を送ってみるのも、返信がもらえやすいLINEテクニックの一つなんです。
人間は誰しも自分に対して気遣いを見せてもらえるとうれしいですよね。
例えば「仕事忙しそうだけど頑張ってね」とか「最近ちょっと冷えてきたけど風邪ひいてない?」などと、自分の事を気遣うような内容のLINEが送られてきたら、返信しないわけにはいかないという心理が働きます。
一度やりとりが始まると、そこから続きやすくなりますので、そこを上手く利用して彼とのLINEが続くようにしましょう。

<忙しい彼でも返信したくなるLINE術その3.用件のある内容>

女性は何の意味も無い日常的な会話をすることを好みますが、男性はそのような会話が苦手です。
ですので、「おはよう」とか「最近どう?」などといった、あいさつや世間話だけの内容だとスルーされてしまう可能性が高いんですよね。
しかし、例えばデートの日程や場所を決めるなど、きちんと用件のある内容を送れば、仕事の合間でも返信してくれる可能性があります。
彼と会話を楽しみたいのであれば、LINEでするよりもデートで実際に会ってゆっくりと話してください。
そのためにもまずは彼をデートに誘ってみましょう。

以上、忙しい彼でも返信したくなるLINE術を3つご紹介いたしました。
男性は女性と違って他愛もない会話をすることが苦手なので、LINEは業務的かつ効率的な内容を好む傾向にあります。
彼に自分の事を分かってもらいたいからといって、長々と自分の事を語った文章を一方的に送りつけるのはNGです。
自分の気持ちを満たすために彼氏とLINEをするのではなく、彼氏の気持ちをよく考えてやりとりできるように、送る内容を見直してみるようにしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加